2012年02月11日

オーディション

昨年秋から始まった、各専門学校でのオーディションも
2月4・5日のスクールデュオ14期生のオーディションの前に
すべて終わり、2月11日の2次オーディションを
残すのみとなった。

5日の1次は富山の声塾のオーディションのため、
私は欠席。

今年も大勢の人達がチャレンジしてくれた黒ハート

受験者数、内容共、毎年そんなに変わらないのに
毎期、それぞれ個性の違うクラスが出来上がる。

本当に不思議!

とっても華やかだったり、ひっそりとおとなしかったり、
明るかったり、なんとなく活気がなかったり。

講師の方々も、「今年の生徒は・・・」

いつもそんな話になる。

今年は年齢差もあまりなかったようで、
タイプ的には皆良い子と云う印象だった。


4日に名古屋から来た1人の男の子(23・4歳かな)
このオーディションで自分を見極めたいと
願書に書いてあった。

例題を、ただ声を出して読んだだけ

と、私には映った。

そこには感情の表現は何もなく、
顔もまったく無表情で 何も伝わってこなかった。
5年間何を勉強してきたのかわからなかった。

「どこで勉強したのか知らないけど、
貴方の勉強方法は間違っている」

と私ははっきり云った。

憮然として彼は帰って行った。

もっと柔軟な心、感受性の豊かさ
これは自分自身で培うものでしょう!

セリフの云い方だけ習ってもネェ。

それすらも出来ていない人達のなんて多い事!

まずは自分を豊かに育てること…デス。

posted by Mitchii at 23:01| Comment(0) | 日記

2012年02月06日

富山声塾

2月5・6日 富山高岡。

先週の寒波が緩んで、冬には珍しい青空だとか。

4月から1月迄の13回のワークショップが
無事終了してのオーディション。

たった13回のワークショップだったが、
私が最高のプログラムを組んで望んだ声塾。

理解して欲しかった中味の表現力。

これは講師の皆さんの見事な指導の実りが感じられて
嬉しかった。

ただ、2ヶ月に3回と云う中での発声・滑舌の練習は
無理なんだナァーと実感。

ワークショップの日以外に自分で出来るのは
発声と滑舌で、これは常に自分で繰り返しやらなければ
出来るようにはならない。
本気で声優を志すなら、毎日の過ごし方が重要になってくる。
その辺りがまだまだ甘い!

プロになるのはどれ程大変な努力が必要か
……ウーン わからないだろうナ
でも、1人、Aさんがスクールデュオ2次オーディションに参加する。

頑張って!!


6日は五箇山観光!

高い所から見下ろすと、大雪の中に、
かや葺きの民家が埋まっているように見えた。

絵のような…墨江の世界。

昔話の中に迷い込んだような…。

でも現実にその中で生活する事を考えると、

ウーン、大変ですよね。

声塾の車さん この一年お疲れサマでした。
又、4月から頑張りましょう。
posted by Mitchii at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年01月14日

賢プロ 新年会

イヤー 集まりましたネェ。

80何人?

賢プロ始まって以来の出席数

去年は私も内海賢二も出席できなくて……
すごく淋しい新年会だったそうで……。

久しぶりにチャコ(白石冬美)にも会えて
嬉しかったわーい(嬉しい顔)

シニア席には若者は誰も近寄らないのよネ。

ただ、一人ずつ挨拶に来るので、
終始にこやかにしていなければならないのがネェ目


久しぶりに、谷山紀章、斎賀みつき、かないみか も
出席で、とても賑やかな新年会になりました。

でも考えてみると、ここに居る90%の人が
声優になるきっかけとして、最初に会っているのが
私だと思うと、不思議な気がした。
(何年か前迄、所属するための面接はすべて私が
担当していたので)

賢プロを始めて28年?

最初はたった7人で始めて、
今は130人という大所帯。

走って走って走り抜いた23年間。

この5年は新社長のお手並み拝見ってところで気楽です。

ビバ 賢プロ

又、この一年 ヨロシク!

posted by Mitchii at 21:06| Comment(0) | 日記