2018年06月21日

励まし合いながら30年

4月28日 同志でもあった大平隆義さんが亡くなったのは
かなり大きなショックでした。
賢プロと同じ時期に、彼はアニメの作画会社を立ち上げて
励まし合いながら30年。息子に会社はゆずり、
現役を引退した彼は私がまだ働いている事に
「なんでそんなに働くの」としょっちゅう言ってました。
本当はもっと働きたかったのかなァ?
中国、台湾、韓国、アニメ関連でよく友人達を誘って
遊びに行きました。
そんな遠くない未来、また会えるよネ あちらで…
posted by Mitchii at 21:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の出来事
この記事へのコメント
誰かを見送るのは悲しい事ですが、誰もが見送る側と見送られる側、両方を経験するのだと考えると、少し気持ちが落ち着きます。

野村さんの日々が温かく穏やかでありますように。
Posted by 前田 真人 at 2018年06月22日 16:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183603571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック